愛知県安城市東栄町1丁目4-22(名鉄 新安城駅北口から徒歩1分)

お気軽にお問合せください
受付時間:10:00~21:00
定休日 :水曜日

お電話でのご予約・お問合せ

0566-98-1626

お悩み相談室 No.6

膝痛で階段の昇り降りが辛い(解決方法)

膝痛の原因は何か?

膝が痛い原因としては以下のことが考えられます。

大腿骨と脛骨の隙間=膝関節の隙間が狭くなっている。

それでは、なぜ大腿骨と脛骨の隙間が狭くなるのでしょうか。それは、脚の筋肉が硬くなって引っ張っているからです。

脚の筋肉、例えば、大腿部の筋肉を見てみましょう。大腿部の筋肉は、主に骨盤から脛骨についています。ですから、これらの筋肉が硬くなれば、骨盤と脛骨を引っ張りますから、膝関節の隙間は狭くなります。

同様に、下腿部の筋肉は大腿骨から足関節に付いています。これらが硬くなれば大腿骨と足関節を引っ張りますから、膝関節の隙間が狭くなります。

また、筋肉だけでなく、膝関節にある靭帯が硬くなることによって、膝の隙間が狭くなります。これによっても膝に痛みが生じます。

膝痛に対しての整体施術(筋肉へのアプローチ)

筋肉の拘縮が原因で膝痛を起こしている場合は、その拘縮を起こしている筋肉を緩めてやると膝が楽になります。

膝に関係する主な筋肉は以下の通りです。

大腿直筋、外側広筋、中間広筋、内側広筋、腓腹筋、膝窩筋、縫工筋、薄筋、半腱様筋、足底筋など。

この中で、膝痛によく関係するものとしては、大腿直筋、外側広筋、膝窩筋などです。筋肉以外にも、外側側副靭帯内側側副靭帯も硬くなると膝の隙間が狭くなって痛みを起こす場合があります。

これらの筋肉・靭帯に刺激を与えて気を流すことによって、筋肉・靭帯は緩んでいきます。特に、深層部にある筋肉を緩める時は、気功を用いないと緩まないと思います。単なる、マッサージや鍼灸では深層部まで施術が届かないからです。

膝痛に対しての整体施術(関節へのアプローチ)

膝痛に関係する関節は、股関節足関節です。脚は3つの関節(股関節、膝関節、足関節)のバランスがとれていることで正常に働きます。この3つの関節の中のどれかが硬くなると、あとの2つの関節に負担がかかります。それで負担のかかった関節は疲労が溜まって壊れていくことがあります。

膝関節が痛い時、あとの2つの関節(股関節と足関節)のどちらかまたは2つともに問題がある場合があります。

膝痛に関して、股関節周りの筋肉・靭帯を緩めて、股関節の動きを良くしてやったり、足周りの筋肉・靭帯を緩めて足関節の動きを良くしたりすると膝の痛みが軽減することがあります。

お問合せ・ご予約はこちら

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せはこちら

0566-98-1626

受付時間:10:00~21:00
定休日 :水曜日
フォームは24時間受付中です。

ご予約・お問合せ

お電話でのご予約・お問合せ

0566-98-1626

フォームでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。

新着情報・お知らせ
2020/06/12
新ホームページを公開しました
2020/06/11
「当院概要について」ページを更新しました
2020/06/10
「選ばれる理由」ページを作成しました

お客さまの声

丁寧な対応に安心

安城市の尾崎様

愛知気功整体さんには丁寧に対応していただき、安心して利用できました。

人にお勧めしたい

知立市の加藤様

知人にも、ぜひ愛知気功整体さんをお勧めしたいです。今後ともよろしくお願いします。

アクセス・受付時間

住所

〒446-0007
愛知県安城市東栄町1丁目4-22

アクセス

名鉄 新安城駅北口から徒歩1分

受付時間
 
午前 ×
午後 ×

10:00~21:00

定休日

水曜日