安城市で症状を根本から緩和できる気功整体院

愛知気功整体


「不登校」の子供のための整体施術について

不登校1.jpg今年は、小中学生の不登校が過去最高であったと新聞に載っていました。どうしてでしょう?その傾向に関してはよく判りませんが、一つ言えることは、小中学生のストレスが増してきているということです。特に、ネット関係(ラインなどのSNS)が普及したことと関連があるように思いますが、証拠はありません。

不登校とは何か

ここでは、最近の不登校の傾向について述べるより、不登校とはどのようなものかについて私なりの見解と愛知気功整体で「不登校児」に対して行っている施術についてお話しいたします。
まず、子どもが不登校になると、親は必ず子どもに「なぜ、学校に行けないのだ」と尋ねます。子どもは自分が学校に行けない理由は判らないのです。それでも、親から強く尋ねられると、様々な理由を見つけようとします。

たとえば、「宿題が多くてまだ出来ないから」とか「クラスに嫌な生徒がいるから」とか「先生にひどく叱られたから」とか、いろいろな理由を持ち出してきます。でも、それらは本当の理由ではありません。そして、本当の理由は本人でさえも判っていないのです。だから、不登校になるのです。

それでは、本当の理由は何なのでしょうか?それは、どうしたら判るのでしょうか?


不登校の本当の原因は何か?

不登校とは、「潜在意識が、もうこれ以上学校へ行くと’心’が壊れてしまうから行かないように止めている状態」のことです。
どういうことかと申しますと、不登校児は学校で大きなストレスを受けています。そして、そのストレスを受け続けたら、心が壊れてしまう程のストレスを受けているのです。でも、本人はストレスを受けていることを認識していません。何となく辛いのは感じているのですが、どれが自分にとって大きなストレスになっているのかはっきり判っていないのです。ですから、毎日毎日、無防備にストレスを受け続けてしまっているのです。そして、心が壊れる前に、潜在意識が心が壊れないようにストップをかけるのです。それで、学校へ行けなくなるのです。


不登校は自らを守るもの

不登校とは、心を壊さないために潜在意識がストップをかけている状態を言うのです。そうであるならば、その解決のための第一歩は、不登校児を自分の潜在意識に誘導してやって、そこで学校で受けている大きなストレスが何なのかを認識させてやるのです。
学校で受けている大きなストレスは潜在意識しか知りません。ですから、潜在意識の領域に本人を誘導してやるのです。そこで、学校の大きなストレスを認識させてやれば、まず、不登校の原因が判るのです。

そして、不登校の原因となっているストレスが判れば、まずそのストレスを軽減してやれば、学校へ行けるようになります。
さらに、学校に行けるようになってからも、そのストレスを意識していれば、自己防衛反応が働いて、再び不登校になるほどのストレスを溜めなくて済みます。

これは、どういことかと申しますと、たとえば、重い荷物を「重い」と認識するだけで、腰を壊さなくて済みます。腰を壊すのは、「重い」と意識しないで、なんとなく持ち上げてしまうからです。ですから、腰痛の人に、物を持ち上げる時は「意識してください」と申しております。それだけで、腰痛の対策にもなります。

心も同様で、これがストレスだと意識すれば、そのストレスで心が壊れることはありません。なぜなら、自己防衛するからです。心が壊れるのはストレスを意識していないから、そのストレスが直接心に入ってきてしまうからです。


不登校の生徒に対しての整体施術

さらに、不登校の子どもの多くに、肩こりがみられます。やはり、ストレスによって頭(脳)が疲れているのだと思います。頭(脳)の疲れは、首こりや肩こりに繋がっていきます。
ですから、心の施術を行う時は、必ず首こりや肩こりの整体施術と頭蓋骨調整を行います。

不登校児に対しては、当院では、「心の施術」を用いて、潜在意識に問いかけさせて、何が大きなストレスになっているのかをしっかりと認識させます。そして、そのストレスを軽減してやると、学校へ行けるようになります。さらに、学校へ行ってからも、以前ほどストレスを溜めなくなります。


愛知気功整体のご案内

住      所:
〒446-0007 愛知県安城市東栄町1丁目4-22 森川ビル2階
アクセス:
名古屋鉄道本線 新安城駅 北出口 徒歩45秒
お問い合わせ・ご予約
0566-98-1626
受付時間:
9:00~19:00
休業日:
不定休、年末年始

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ