安城市で症状を根本から緩和できる気功整体院

愛知気功整体


妊婦さんの股関節痛対策

股関節痛1.pngマタニティ整体 安産 第8回目は、「股関節痛」について述べたいと思います。

妊婦さんの股関節痛の原因

妊娠後期になると、お腹が大きくなって重くなって、前に出てきます。そのお腹を腰で支えようとして妊婦さんは反り腰になりやすくなります。腰が過前湾(前湾が酷くなること)になると、骨盤に負担がかかり、その負担がさらに、膝・足にかかり疲れが溜まりやすくなります。その骨盤や脚の疲労が股関節痛の原因になります。


股関節という関節は上半身の体重がすべてかかってきて、しかも可動範囲が広いので、大変負担のかかっている関節です。負担が大きい分、いくつものしっかりした靭帯によって固定されて守られています。その靭帯が疲労を起こして、可動範囲が狭くなると違和感や痛みが生じてきます。

鼠径部痛の場合と同様に、4の字検査で脚を広げると開かなかったり、痛みを感じたりします。

妊婦さんの股関節痛の検査と施術

当院では、特に股関節痛の妊婦さんには、4の字検査(パトリックテスト)でしっかり脚が開くようにしています。その施術には痛みは全くありません。整体院・カイロプラクティックの中には、4の字で脚を広げようとしてストレッチをして脚を広げているところもあるようですが、無理にストレッチをしてもまたすぐ股関節の靭帯は硬くなってしまします。

当院では、気を用いていますので、気の流れを良くすることで股関節の靭帯を緩めています。気の流れを良くして緩めた靭帯はその後も気の流れが良く保たれますので、元に戻りにくいです。


施術では、元々の原因である反り腰の施術をしてから、股関節痛の施術(股関節靭帯を緩めること)を行っています。

そして、施術の最後に骨盤から背骨、肩甲骨、首に至るまで気を通して流れを良くします。気を通すことによって、再び腰が過前湾になることや背中の筋肉が余分な緊張をすること、股関節の靭帯が硬くなることを防ぎます。


妊婦さんの股関節痛に効果的なストレッチ

股関節痛には、大腿部(大腿四頭筋、ハムストリング、内転筋)のストレッチが効果的です。また、意識的に「貧乏ゆすり」をするのもいいことですので、やってみてください。「貧乏ゆすり」によって、股関節周りの筋肉が緩みますから、試してみてください。


さらに、妊婦さんが安産になるように、お腹周りの筋肉を緩めたり、骨盤の靭帯を緩めて、子宮の位置を高く保てるように調整します。そうすることによって、骨盤が出産時に開きやすくなりますので安産が期待できます。


愛知気功整体のご案内

住      所:
〒446-0007 愛知県安城市東栄町1丁目4-22 森川ビル2階
アクセス:
名古屋鉄道本線 新安城駅 北出口 徒歩45秒
お問い合わせ・ご予約
0566-98-1626
受付時間:
9:00~19:00
休業日:
不定休、年末年始

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ