安城市で症状を根本から緩和できる気功整体院

愛知気功整体


妊婦さんの疲労回復

妊婦施術1.jpgマタニティ整体 安産 第6回目は、「疲労回復」について述べたいと思います。

妊婦さんの疲労

妊娠すると、以前よりも疲れやすくなったと感じる方は多いと思います。これは当然のことで、お腹が大きくなるにつれて、疲れるのは当たり前のことでしょう。特に、妊娠後期になると、お腹が大きくなって重くなってきます。それを支えようとすると、腰・股関節・脚・足の筋肉に負担がかかり疲労してきます。

その疲労から腰に凝りが生じて、それが腰痛の原因になったりします。さらに、腰の凝りから、背部の凝り、肩の凝り、首の凝りと進んでいきます。下半身の方は、腰の凝りから大腿四頭筋の張りとなり、膝を引っ張ります。そのため、膝痛になったり、さらに下の足関節に痛みを感じる方がみえます。

痛みを感じないまでも、腰、背中、肩などに疲労を感じる方は多いと思います。疲労を酷く感じられる方の中には、反り腰が原因で普通の妊婦さんよりも酷く疲労が溜まる方がみえます。


妊婦さんの疲労に対しての施術

さて、そのような疲労が溜まっている妊婦さんに対して、当院では、まず、反り腰解消のための施術を行います。お腹を腰だけで支えないように、背中全体で支えるように、骨盤や背骨の靭帯・筋肉を緩めて調整をして、腰椎(3、4、5番)辺りの過前湾を整えて、猫背などの胸椎の後湾も整えます。その後、肩甲骨に付着する筋肉を緩め、肩・首を調整します。

もちろん、すべての施術において気を用いて、深い部分の筋肉・靭帯をしっかり緩めますので、表面に溜まった疲労だけでなく、深層部の疲労までしっかり取り除くことができます。

そして、最後に骨盤から背骨、肩甲骨、首に至るまで気を通して流れを良くします。気を通すことによって、再び腰が過前湾になることや背中の筋肉が余分な緊張をすることを予防します。


妊婦さんの疲労に対して家庭で出来ること

妊娠中はどうしても運動不足になりますから、意識的に体を動かしたり、ストレッチなどをしましょう。筋肉を軽くゆっくり伸ばすことは運動不足になる妊婦さんにとっては良いエクササイズだと考えています。
ストレッチにおいて、大腿部の後ろを伸ばすために、前にかがむ姿勢をとるストレッチはお腹が大きくなると辛くなりますから、タオルや何か紐のようなものを足先に引っ掛けてハムストリング(大腿部の後ろの筋肉郡)などの筋肉を軽く伸ばすといいでしょう。

肩の疲労にはタオルを両手で持って腕を回しながら、肩甲骨を意識したストレッチがいいでしょう。また、腰の疲労には、タオルや棒などのものを両手で持って、体を捻じって、お腹周りの筋肉を軽く捻じるのが良いでしょう。さらに、足首や手首を回したり、捻ったりして、普段あまり使わない方向に手足を伸ばしたりするストレッチも無理なくやると良いでしょう。


当院では、疲労回復の施術で、骨を鳴らしたり、強く揉んだり、叩いたりは決していたしません。このような体に強い刺激を与える施術は妊婦さんのみならず、普通の人であっても身体に良くないからです。


愛知気功整体のご案内

住      所:
〒446-0007 愛知県安城市東栄町1丁目4-22 森川ビル2階
アクセス:
名古屋鉄道本線 新安城駅 北出口 徒歩45秒
お問い合わせ・ご予約
0566-98-1626
受付時間:
9:00~19:00
休業日:
不定休、年末年始

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ