安城市で症状を根本から緩和できる気功整体院

愛知気功整体


腰痛を防ぐためにはどのようにしたらいいか?[腰痛対策]

腰痛対策.png腰痛予防はどのようにしたらいいのでしょうか?

腰痛で日常生活が制限されると、筋力が衰えて、さらに腰痛が起きやすくなる悪循環に陥ります。

腰痛予防について

その1:よい姿勢を保つ

 長時間のデスクワークなどで猫背を続けると腰に負担がかかって、背骨のS字カーブが損なわれることがあります。S字カーブが損なわれると、頭の重さなどの上半身の荷重が腰に直接かかってきて腰に対して大きな負担となります。
よい姿勢とは、【① あごを引く  ② 背筋を伸ばす  ③ 腰と脚の付け根が90°になるように深く座る】です。

それに対して、悪い姿勢とは、【① 猫背  ② 背もたれに寄りかかる ③ 腰を反った姿勢】です。
よい姿勢は腰への負担が少なく、悪い姿勢は腰への負担が大きくなります。

さて、日常生活での気を付けたい姿勢はどのようなものがあるのでしょうか?
① 中腰、前かがみなど不自然な姿勢
② 同じ姿勢を長時間とること ― 大体、30分に1回は伸びなどをしましょう。
③ 急な動作、腰の不意なひねりなどを避ける
 

その2:腰痛予防のための生活習慣

 ① 食生活の改善:バランスのよい食事によってカルシウムやビタミンB、Dなどをとることが、骨粗鬆症などの腰痛になることを防ぎます。喫煙は、ニコチンが椎間板に悪い影響を与えますので、控えましょう。
② 精神的なストレスが長引くと腰痛の原因となると言われていますので、ストレスを溜めないように気を付けましょう。入浴はストレス解消になりますので、40℃くらいのぬるめのお湯にゆったりと浸かることは血行を良くして、筋肉の緊張をほぐすので、ストレス解消とともに腰痛予防になるでしょう。痛みが無ければ、入浴後のストレッチも効果的です。

その3:運動

 筋肉が衰えると腹圧も下がり、腰を支える力が低下します。背骨や腰を支える筋肉の柔軟性を保つためにも適度な運動を心がけましょう。腰に良い運動としては、水中でのウォーキングやウォーキングや軽めのヨガなどがいいでしょう。
特に、手中での運動は、腰への負担が少なく、水の抵抗により筋力が付くのでお勧めです。痛みを感じない範囲でヨガのポーズや軽めのストレッチは筋肉を伸ばしてくれるので、柔軟性が増して腰痛予防になります。

その4:職場で行える腰痛予防策

 ① 重い物を持ち上げる時や、体を曲げる、捻る時に急激な動作に注意する。持ち上げる動作では、お腹に力を入れて、持ち上げる意識を持って持ち上げるようにする。
② 前かがみや中腰などの不自然な姿勢を取らない。なるべく膝をついた姿勢で、捻る時は体ごと、常に正面を向いて動作するようにする。
③ 同じ姿勢を長時間続けて取らないようにする。長時間の立ち仕事では、片足を乗せられる台や腰を乗せられる高い椅子などを利用する。長時間の座り仕事では、ときどき立ったりする。また、休憩時間には、姿勢を変えるようにする。
④ 不自然な姿勢を取らないといけない時は、なるべくその動作を続けないで、他の動作と組み合わせて行うようにする。
⑤ 靴などは足にあったものを履き、腰に負担がかからないように気を付ける。ハイヒールやサンダルはなるべく使用しない。
⑥ 職場でのストレスをコントロールできるようにする。休憩時間を適切に設けて、気分転換が図れるように配慮する。
 
以上、腰痛にならないように普段から心がけておきたいものです。

愛知気功整体のご案内

住      所:
〒446-0007 愛知県安城市東栄町1丁目4-22 森川ビル2階
アクセス:
名古屋鉄道本線 新安城駅 北出口 徒歩45秒
お問い合わせ・ご予約
0566-98-1626
受付時間:
9:00~19:00
休業日:
不定休、年末年始

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ