安城市で症状を根本から緩和できる気功整体院

愛知気功整体


腰痛になる人とならない人との違いは何か?

imagesTP2O9SRA17.bmp腰痛になる人とならない人との違いは何でしょうか?

腰痛というものは一体何なんでしょうか?

腰痛の原因は様々あると言われています。ただ、今の医学では原因が特定できるものは15%くらいだと言われています。その主なものは、腰椎が直接損傷を受けるもの:圧迫骨折、椎間板ヘルニア、腰部脊柱管狭窄症などです。

残りの85%は、病院で検査をしても‘異常なし’とされるものです。このような腰痛には、生活習慣、ストレス、心の不安などが大きく影響してる場合があると言われています。

腰の構造について

腰の骨を横から見ると、背骨はまっすぐではなくて、首が前、背中が後ろ、腰が前というようにS字カーブになっています。これは、私たちが跳んだりした時に、その衝撃が直接頭に伝わらないようにするために、クッションになっているのです。さらに、背骨は体を支えるだけではなく、曲げたり伸ばしたり、捻ったりという動きに対応できるようしなやかな構造になっています。

仕組みを見ていくと、一番上に重い頭(5~7kg)があり、それを細い首の骨(頚椎)7個で支えています。頸椎の下に、12個の胸椎があって肋骨と繋がっています。その下に5個の腰椎があり仙骨へと繋がっています。
これらの骨(腰椎)の間には、クッションの働きをする椎間板があって、ちょうどブロックを積み上げたような構造になっています。椎間板のお陰で、伸縮性がり曲げたり、伸ばしたり、捻ったりすることができ、腰椎への衝撃を吸収しています。

腰痛の原因

さて、腰痛の原因ですが、この椎間板の弾力が衰えて、クッション効果が弱くなって、腰椎への衝撃を吸収できなくなって腰痛が起こることがあります。

腰痛になる人とならない人との違いは何か?

上記のように、腰痛に関しては様々な原因が言われていますが、私が考える大きな原因は、骨盤や腰椎の弾力です。つまり、柔らかい腰かどうかです。

骨盤が大きく歪んでいる人でも、腰痛にならない人がいますし、あまり歪んでいなくても酷い腰痛を訴える人がいます。
その違いは、骨盤の柔らかさだと思います。骨盤が柔らかいと動きがあります。そうすると、歪んでいても補正が行われて、柔軟に対応できるのです。柔らかい骨盤は、たとえ歪んでいても、その歪みが固定しないので、腰痛にはならないと考えています。

それに対して、腰痛になる人は、骨盤の歪みに対する補正ができなくて、歪みが固定化しているので、いつも同じ歪みである故に腰痛を発症するのではないかと考えています。

ですから、腰痛の人に対する施術としては、いかに骨盤を柔軟にするかという観点で行っています。骨盤が柔軟になるに従って、腰が軽くなったとおっしゃる方が多いです。

愛知気功整体のご案内

住      所:
〒446-0007 愛知県安城市東栄町1丁目4-22 森川ビル2階
アクセス:
名古屋鉄道本線 新安城駅 北出口 徒歩45秒
お問い合わせ・ご予約
0566-98-1626
受付時間:
9:00~19:00
休業日:
不定休、年末年始

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ