安城市で症状を根本から緩和できる気功整体院

愛知気功整体


若者のスマホ老眼への対策

スマホ老眼.png老眼というと40代から始まり、近いところが見えにくくなる症状ですが、最近では、この老眼と同様の症状が、子どもや若者の間で増えているということを聞きます。

原因は、スマホの使い過ぎです。長時間のスマホの使用によって、夕方頃から、近くのものが見えずらくなる人が増えています。

症状としては、老眼と同様で、「近くのものを見る時にピントが合わない。」「小さい字を見る時には少し離すと見えやすくなる」「明るいところでは何ともないけど、薄暗いところでは見えにくい」などです。
さらに、目の疲れから、首こり・肩こり・頭痛の原因となったり、もっと酷くなると腰の疲れとなって腰痛を引き起こすこともあります。

スマホ老眼のメカニズムは、次の通りです。
長時間のスマホやPCの画面を見ることによって、目の、水晶体-レンズの役割を果たしている、を調節している筋肉、毛様体筋という筋肉、に負荷がかかって機能が低下するために起こります。
毛様体筋は、目の水晶体(レンズ)を、近くを見る時には厚くし、遠くを見る時には薄くして調整しています。
目を酷使することで、この毛様体筋が疲労して、機能低下に陥るために調整がうまくいかなくなるのです。

予防や改善の仕方としては、とにかくスマホやPCの画面を見る時間を減らすことです。
また、画面を見ている途中で意識的に、「まばたき」をしたり、遠くを見たりすることです。

それ以外には、ネットで調べると、様々なエクササイズが紹介されていますので、それを行うと良いと思います。

当院でも、ホームページの「各症状について」という項目の「眼精疲労」または「視力回復」のページに眼精疲労の軽減の方法を挙げておきましたので、参考にしてください。

愛知気功整体のご案内

住      所:
〒446-0007 愛知県安城市東栄町1丁目4-22 森川ビル2階
アクセス:
名古屋鉄道本線 新安城駅 北出口 徒歩45秒
お問い合わせ・ご予約
0566-98-1626
受付時間:
9:00~19:00
休業日:
不定休、年末年始

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ