安城市で症状を根本から緩和できる気功整体院

愛知気功整体


「内臓疲労」への施術について:腰痛の原因にもなりえる

全身疲労.png内臓疲労の原因

夏の時期は、冷たい物を食べたり飲んだりすることが増えてきます。冬の時期と比較して運動量も上がりますので、飲食の量が増えたりします。そこで負担のかかってくるのが内臓です。
また、薬の服用も内臓を疲れさせます。

さらに、あまり知られていないことですが、食べ物を何となく食べていたりするのも、内臓を疲れさせます。どういうことかと申しますと、食べ物は「おいしい」または「おいしかった」と言って食べると内臓の働きは良くなっていきます。

反対に、「あまりおいしくない」と感じて食べていると内臓は働きが悪くなって、疲労していきます。

「この食べ物は健康に良いから」というだけで、「あまりおいしくない」物を食べないようにした方がいいでしょう。

何となく疲れやすかったり、眠りが浅かったり、便秘になったり、下痢になったり、気分がすっきりしなくなります。その原因として、内臓が疲労していることがあります。

内臓疲労の回復

内臓の疲労を施術によって軽減してやると身体が疲れにくくなり、お腹の調子も良くなり、気分も晴れやかになります。

また、冬になると寒さのせいで身体全体が緊張します。身体全体の緊張が内臓へのストレスとなって内臓が疲労してくることがあります。疲れやすく、気分もすっきりしない時には、内臓が疲労しているかもしれません。


また、腰痛との関連も考慮に入れておかなくてはいけないでしょう。なぜなら、内臓が疲労すると骨盤の歪みが起こる可能性が大きくなるからです。お腹の全面の筋肉:腹直筋や内外腹斜筋が緊張すると骨盤を引っ張りますから、骨盤の歪みを起こすことがあります。骨盤が歪みと当然腰痛になったりしますので、内臓疲労と腰痛は関連があります。

疲れやすかったり、眠りが浅かったり、便秘になったり、下痢になったり、気分がすっきりしない時は、身体の奥の疲労・歪み・凝りを取る当院の施術を受けられると良いでしょう。


愛知気功整体のご案内

住      所:
〒446-0007 愛知県安城市東栄町1丁目4-22 森川ビル2階
アクセス:
名古屋鉄道本線 新安城駅 北出口 徒歩45秒
お問い合わせ・ご予約
0566-98-1626
受付時間:
9:00~19:00
休業日:
不定休、年末年始

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ