安城市で症状を根本から緩和できる気功整体院

愛知気功整体


人を嫌いになっていい!

嫌いな人.jpg 良い人の中には、「人を嫌いになってはいけない」と考えている人がいます。そう考えるのは大変いいことで、そのように考える人が増えれば社会は良くなっていくでしょう。

でも、「人を嫌いになってはいけない」という考えがその人の心の負担になっている場合もあります。

当院に、うつ病の方やうつ傾向の方がおみえになります。その人たちの中には「人を嫌いになってはいけない」と思っている人がかなりいます。うつ病やうつ傾向になる方は基本的に「良い人」です。その方々の考え方の特徴を挙げてみます。

1 みんな仲良くした方がいい
2 嫌な人でも「嫌いにならず」うまくやっていきたい
3 仕事で失敗したのは自分の責任である
4 もっと自分が頑張らなくてはいけない
5 みんなのために自分が我慢すればいい

すべて良い考え方です。このように考える人が増えれば世の中は良くなっていきます。
でも、このような考えのためにストレスを溜めている人もいます。このような考え方だからこそストレスを溜めやすくしてるのです。このような考え方でストレスをあまり溜めないで生活できれば、それは理想でしょう。

うつ病やうつ傾向の人たちは、このように考えるからますます心を壊していってしまいます。これらの考え方が大きな負担になっているのです。

それでは、そのような人たちはどのようにしたらいいのでしょうあ。
それは、「人を嫌ってもいい」ということを認めることです。

たとえば、10人の人がいれば、そのうち2,3人は自分とはタイプは違うし考え方も違うでしょう。そして、その人たちを嫌いになってもいいのです。他人を嫌いになっても何も問題ありません。私たちが行ってはいけないことは、嫌いな人にいじわるをしたり、無視したりすることです。そうしなければ、人を嫌いになってもいいのです。

あいさつ程度の付き合いや仕事だけの付き合いでいいのです。嫌いな人とそれ以上深く付き合う必要はありません。なるべく距離をとって接触しないのがいいです。そうすればストレスは最小限になります。

日常生活で、私たちの大きなストレスは対人関係です。それも嫌な人から受けるストレスが最も人を疲れさせます。ですから、嫌な人とはなるべく接触しないのがいいのです。特にうつ病やうつ傾向の人はそのことをしっかり認識する必要があります。

嫌な人を「嫌だ」としっかり認識すると、その人から受けるストレスは最小限に抑えることができます。ただ、嫌な人に対して、表情に出したり、口で「あなたのことは嫌いだ」などと言ってはいけません。

表面的には嫌でないふりをしながら、心のなかではしっかりとバリアーを張りましょう。そうすることがストレスを最小限にすることです。

そして、それは自分を守ることでもあるのです。自分のことは自分しか守れません。だれも守ってくれないのです。ですから、対人関係において、嫌いな人をしっかりと嫌いだと認識することによって、余計なストレスを受けないように自分を守りましょう。それが、うつ病予防になります。

「人を嫌いになってもいいんだよ!」と心の疲れている人にアドバイスしましょう。

更新

<< 前の記事 次の記事 >>

愛知気功整体のご案内

住      所:
〒446-0007 愛知県安城市東栄町1丁目4-22 森川ビル2階
アクセス:
名古屋鉄道本線 新安城駅 北出口 徒歩45秒
お問い合わせ・ご予約
0566-98-1626
受付時間:
9:00~19:00
休業日:
不定休、年末年始

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ