安城市で症状を根本から緩和できる気功整体院

愛知気功整体


「感覚」の個人差について

感覚1.jpg感覚の個人差とは

感覚というものは「個人差が大きいなぁ」と感じる時があります。

それは、施術をして、凝りなどが半分くらい取れたと思った時に、お客さんがこちらと同じように感じていないということが多いからです。

つまり、「凝りが半分取れた」時点で、「すごく楽になった」と感じる人と「あまり変わらない」と感じる人がいるのです。

施術を行って、「すごく楽になった」とか「痛みが取れた」という人でも、私の感覚では、まだ深部に凝りが残っているので、再度来院してほしいと申します。

また、「あまり変わらない」とか「痛みはほとんど取れていない」とおっしゃる方でも、深部の凝りは半分くらいになっているので、再度来院いただければ凝りや痛みは無くなるのにと感じることがありますが、いずれの場合も再度来院される方は多くはないです。
残念なことだと感じていますので、最近ではこのあたりのことを最初に時間をかけて説明しています。

感覚というのは、本当に個人差の激しいものです。たとえば、熱にしてもそうです。私は熱が38℃くらい出ても、平気に普段通りの生活ができますが、家内は37℃で「熱がある」といって騒いでいます。

ですから、私などは他人から「昨日は38℃の熱で大変だった」という話を聞いても、「あぁ、そう」で終わってしまいますが、家内は、「それは大変でしたね。お辛かったでしょう。」となる訳です。

施術における感覚の個人差

施術をしていても同様のことが起こります。たとえば、腰痛でみえたお客さんが痛みが無くなって「やぁ、治りましたよ」とおっしゃっても「いや、まだしっかりとは治っていませんよ」と申します。
その反対に「先生、痛みが全く変わりません」とおっしゃっても「いや、大分深部の凝りは取れました」と申し上げます。
どちらの方も、不満でしょうね。

やはり、整体院はある意味お客様商売なので、お客様に合わせることは大切なことだとよく思います。

でも、真実は、気功整体の施術によって深層部の凝りは確実に取れますので、痛みや凝りは次第になくなっていきます。早くなくなっても、その後施術を受けた方が良いですし、最初の1・2回全く変化を感じなくても、その後施術を受けた方が良いのです。
そこのところをいかにお伝えするのかが、今の私の課題です。

更新

<< 前の記事 次の記事 >>

愛知気功整体のご案内

住      所:
〒446-0007 愛知県安城市東栄町1丁目4-22 森川ビル2階
アクセス:
名古屋鉄道本線 新安城駅 北出口 徒歩45秒
お問い合わせ・ご予約
0566-98-1626
受付時間:
9:00~19:00
休業日:
不定休、年末年始

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ