安城市で症状を根本から緩和できる気功整体院

愛知気功整体


もう半分!まだ半分?

半分1.jpgどう考えるか!

物事を行う時に、半分終わった時点で、「もう半分!」と考えるか「まだ半分?」と考えるか、どちらでしょう?

もちろん、それは行う事柄によると思います。楽しいことをやっていれば、半分時間が経った段階で、「えぇ、もう半分過ぎたの!」と感じるし、嫌なことをやっている時は、「えぇ、まだ半分もあるの?」と思うことでしょう

また、人によっても、感じ方が違います。多くの事で、「もう半分!」と感じる人と「まだ半分?」と感じる人がいます。

「もう半分!」という人は、何事も積極的に取り組んでいく人が多いです。「まだ半分?」と考える人は、多くの事に消極的で、人から言われるからとか、みんながやっているから、という理由で物事を行うことが多いようです。

痛みが軽減した時

整体の施術に対しても同様のことが言えます。
たとえば、最初の腰痛の痛みを10とした人が、施術によってその痛みが5になった場合、「もう、半分も痛みが取れた!」とおっしゃる方は、次回の施術に対しても積極的で、自分から予約などを取って行かれます。そして、そのような方は腰痛の治りも早いです。

それに対して、「まだ、半分も痛みが残っている」と感じられる方は、次回の予約は取らないで、「また、電話します」と言って帰って行かれます。それ以来、みえない方もいますし、再度来院されても、「まだ、ここが痛い」と痛いところをおっしゃって、良くなったところはあまりおっしゃいません。

もう半分!

施術に関してだけでなく、物事に取り組む姿勢として、楽しい生活を送りたいと考えるのでしたら、「もう半分!」と考えることをお勧めします。特に、やらなくてはいけないこと、仕事などですね、
半分終わったら、意識的に「もう半分も終わった」と考えてみてください。その方が疲労の度合いは少ないと思います。「まだ、半分あるのか?」と考えると疲れを感じると思います。

物事の良い面と悪い面は、表裏の関係にあると思いますので、なるべく良い面を見る癖をつけましょう。その方が、自分の生活がより楽しくなると思います。いかがでしょう?

更新

<< 前の記事 次の記事 >>

愛知気功整体のご案内

住      所:
〒446-0007 愛知県安城市東栄町1丁目4-22 森川ビル2階
アクセス:
名古屋鉄道本線 新安城駅 北出口 徒歩45秒
お問い合わせ・ご予約
0566-98-1626
受付時間:
9:00~19:00
休業日:
不定休、年末年始

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ