安城市で症状を根本から緩和できる気功整体院

愛知気功整体


患者さん?

施術'.jpg患者とは誰なのか?

よく、整体院とか接骨院、カイロプラクティックなどで不調で訪れる方を「患者さん」「患者様」と呼ぶことがあります。

当院では、「患者さん」「患者様」とは言わないで、「お客さん」「お客様」と言います。
それは、「患者さん」と言うと、「治療する人」と「治療される人」との関係が思い浮かぶからです。
ちなみに、「患者」という言葉を辞書で引いてみると、次のように出ています。[Wikipediaより]

患者とは、なんらかの健康上の問題のため、医師ないし歯科医師や専門の医療関係者の診断や治療、助言を受け、医療サービスの対価を払う立場にある人。医者から見た語である。カウンセリングや心理療法では、患者ではなく来談者という言い方をし、英語ではclientを使う。

このことからも判るように、私たち、施術家が「患者」という言葉を使うのは適当ではないように感じます。
私たちは医師でも歯科医師でもありません。あえて言うならば、専門の医療関係者かもしれませんが、私たちは診断や治療はできません。
できるのは、症状を緩和する技術を、不調な人に施すことです。ですから、「患者」という言葉を使うことは適当ではないと考えています。
 

クライアント=患者?

日本語でも、「クライアント」という言葉が一般的になれば、それを使いたいのですが、私のような施術家が「うちのクライアントさんが...」と言うと、何となく気取っているように受け取られますので、私は、「お客様」とか「お客さん」を使っています。

つまり、整体院や接骨院などにみえる不調を抱えた人に対して、私たちは自分たちの持っている技術をサービスして、その対価をいただくというものだと考えています。来院される方は、受けたサービスに対してお金を払うというものです。

それでは、私のサービスとはいかなるものでしょうか?
それは、手技というもので、手を使って、肩こり・腰痛・頭痛・首痛・猫背矯正・骨盤矯正・美容整体などを行うものです。
具体的には、手を用いて、筋肉の凝りをほぐし、骨格・骨の歪みを整えるものです。
 

気功を用いてサービスしています!

人間の身体は、筋肉の凝りを取り除き、骨格の歪みを整えて、本来の骨格の状態に戻してやると、様々な不調が良い方向に向かっていくのです。
このことを、薬や器具を使わずに、手を行うのが私のような整体師です。
ですから、信じられない人には、受け入れられないのですが、実際に不調が良くなると信じざるを得ないということにもなります。

特に、私は手だけでなく、気を用いるなどと申しているので、多くの人には信じられないことだと思っています。でも、気を用いた方が、格段に不調が解消されるので、それを目の当たりにされた方には驚かれます。

更新

<< 前の記事 次の記事 >>

愛知気功整体のご案内

住      所:
〒446-0007 愛知県安城市東栄町1丁目4-22 森川ビル2階
アクセス:
名古屋鉄道本線 新安城駅 北出口 徒歩45秒
お問い合わせ・ご予約
0566-98-1626
受付時間:
9:00~19:00
休業日:
不定休、年末年始

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ