安城市で症状を根本から緩和できる気功整体院

愛知気功整体


身体の使い方

丹田1.jpg意識はおへその下!

身体の使い方についてのポイントをお話しします。
身体を使う時(ほとんどの時ですよね。身体を使わない時なんてないですよね)、常におへそを意識してみてください。

おへそが身体の中心ですから。実際には、武道などで臍下丹田といって、おへその下5cm、内側5cmと言われています。そこが、人間の身体の中心です。ここを意識することによって、身体全体がバランスの取れた動きが出来ます。

また、呼吸法として、「丹田呼吸法」というのもあります。丹田を意識して、丹田に向かって息を吸い、丹田から息を吐くことをイメージして呼吸する、呼吸法です。
よく、野球でも武道でも「腰を使え」ということが言われると思いますが、この腰を使うというのが、「丹田を意識する」ということです。

動きの始動を丹田から行うのです。野球でも、ボールを投げたり、打ったりする時に、その動作の初めを丹田から行うのです。

ボールを投げる時、腕を動かす前に丹田を動かして、それから肩甲骨を動かして、肩を動かして、腕を動かすという一連の動作を行うと上手くボールを投げることが出来るのです。

武道で、突きを行う時も、まず丹田に力を入れて、丹田を動かします。それから、肩甲骨を動かし、肩を動かし、最後に腕を動かして突いていくと威力のある突きになります。

すべては丹田から!

下半身の動作も、同様です。歩くときも、走る時も、丹田を意識して、丹田から動いていきます。足を動かすのではなく、丹田を前へ進めるのです。丹田を前に持って行って、足は後から付いてくるといった感じで歩いたり、走ったりすると良いのです。

丹田2.jpg丹田には、上丹田、中丹田、下丹田というのがありまして、できればこの3点を意識するとさらに良いと言われています。なかなか3点を意識するのは難しいので初めからやらない方が良いのですが、いわゆる達人と言われている人たちはこの3点を意識しているようです。

これは武道だけではなくて、例えば、ヨガの達人や気功の達人もそうです。この3つの丹田が充実していると力がみなぎり、身体中の気が充実してくると言われています。なかなか達人の域に達するのは難しいと思います。

更新

<< 前の記事 次の記事 >>

愛知気功整体のご案内

住      所:
〒446-0007 愛知県安城市東栄町1丁目4-22 森川ビル2階
アクセス:
名古屋鉄道本線 新安城駅 北出口 徒歩45秒
お問い合わせ・ご予約
0566-98-1626
受付時間:
9:00~19:00
休業日:
不定休、年末年始

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ