安城市で症状を根本から緩和できる気功整体院

愛知気功整体


「腕の使い方」について

腕2.jpg腕はどこから腕なのか?

私たちは日頃腕を良く使います。手も含めた上肢は仕事やスポーツにおいて最も使用する部位でしょう。

ところで、腕はどこから始まっていると思いますか。
だいたい、腕の付け根、肩くらいから腕が始まっていると考える人が多いと思います。

医学的には、上肢(じょうし)と呼ばれ、腕は肘を境にして、手の方を前腕といい、肩の方を上腕といいます。ここでは、このような医学
的な定義より、実際に腕を使う時に、腕の始まりを意識すると腕が疲れずに、さらに効率よく使えるということをお話しします。

これからは、腕を使う時に、肩甲骨を意識してみてください。肩甲骨を腕の始まりだと意識して、腕を動かしてみてください。または、肩甲骨を動かすことを意識して腕を動かしてみてください。
そうすると、腕に力が入りやすいですし、腕を使っていて疲労しにくくなります。


大切なのは、肩甲骨!

野球のキャッチボールでも、手投げではなく、肩甲骨を意識して、ボールを投げてください。そうすると、野球肘や肩の使い過ぎによる炎症にならなくて済みます。テニスにおいても、肩甲骨からラケットを振ってみてください。テニス肘の予防になりますし、打ったボールの威力が違うのが解ると思います。また、空手の突きなども肩甲骨から突いてみてください。相手への突きの威力が増すのがわかると思います。

スポーツだけではなく、すべての腕を使う動作において、肩甲骨を意識してみてください。そうすると、力の入り方が違うし、疲れ具合が違うのが解ると思います。
特に、腕が疲れやすい人や腕に炎症や痛みの症状が出ている人はこれを実践してみてください。

当院に肩こりとか腕の疲労や肘・肩の使い過ぎによる炎症でみえる方にこの肩甲骨を意識した腕の使い方をお教えしています。そうすると、前より腕が疲れなくなったとおっしゃっていただけます。

また、肩甲骨を動かすことは、肩こりの予防にもなりますから、腕を動かす時だけでなく、肩こりでお困りの人は肩甲骨を意識的に動かすと肩こり予防・解消になります。肩こり体操というのがありますが、あの体操はすべて肩甲骨を動かしているのです。

腰痛の方も、中には肩こりから腰痛を引き起こしている人もいますので、そのような人には肩甲骨を動かすことが有効な予防・解消法になりますので、お試しください。

更新

<< 前の記事 次の記事 >>

愛知気功整体のご案内

住      所:
〒446-0007 愛知県安城市東栄町1丁目4-22 森川ビル2階
アクセス:
名古屋鉄道本線 新安城駅 北出口 徒歩45秒
お問い合わせ・ご予約
0566-98-1626
受付時間:
9:00~19:00
休業日:
不定休、年末年始

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ