安城市で症状を根本から緩和できる気功整体院

愛知気功整体


「マタニティヨガ」で大切なことは何か

ヨガ2.jpgヨガの修行について

気功の修行をしている時にヨガの修行を取り入れたことがあります。ヨガの修行を取り入れたというのは正確な表現ではないのですが、気功を身につけるのに行ったこととヨガで行っていることが本質的に同じことなので、気功の修行をしつつヨガの修行もしたというのが正確な言い方ですね。

ヨガというと日本では、いろいろなポーズをとって呼吸を整えてといった感じで健康になるため、またはダイエットとかスタイルを良くするとかいったものとして紹介されています。ストレッチ体操とあまり変わらないものとして行なわれているように思います。

でも、ヨガの中でポーズは本来あまり大切なものではありません。
ヨガはヒンドゥー教の修行であって、ストレッチのような健康体操ではありませんから。ですから、ヨガにおいて最も大切なものは瞑想です。メディテーションをいかにしっかり行って神に近づくことができるか。また、神の声なり、その意思を聞くことができるかということです。

ヨガにはいろいろなものがあります。ハタヨガ、ラージャヨガ、クンダリーニヨガ、マントラヨガ、シヴァヨガなどたくさんの種類がありますが、本質は神との繋がりです。


ハタヨガについて

日本のヨガの原点は、ハタヨガで60年くらい前に、沖さんという方がインドで修行をされて伝えたのが元だと思います。ハタヨガは様々なポーズをとって呼吸を整えて、そして瞑想するというものですが、日本では最後の瞑想するというところが何かおろそかにされているように感じます。

さて、この日記の題名の「マタニティヨガ」ということですが、本格的なヨガの話をしてもいいのですが、当院として妊婦さんの健康のために、あえて「マタニティヨガ」のお話しをしましょう。

妊婦さんはお腹が大きくなって脂肪も付きますからどうしても運動不足になりやすいです。運動不足になると、肩とか腰の筋肉をあまり動かしませんので、肩こりや腰痛の原因になったりします。また、運動不足で体重が増えてくると妊娠高血圧症候群(妊娠中毒症)という怖い病気に近づいてしまいます。


そこで、ちょっとしたスペースで運動ができるヨガが人気になって、マタニティヨガと言うものが出来てきたと思います。ヨガは妊婦さんの運動には適していると考えます。それは、無理なく自分のペースでできますし、外に出ていく必要がなく自宅で出来るからです。

妊婦さんのためのヨガ

さらに、私が妊婦さんに言いたいことは、ヨガの本質である瞑想をしていただければ、胎教にすごく良いということです。瞑想というと難しく思われるかもしれませんが、静かに気持ちを落ち着かせて座ればいいのです。あぐらをかいたり、結跏趺坐で座る必要はありません。椅子に腰かけて瞑想してもOKです。
椅子に静かに腰かけて、目を閉じて、ゆっくり呼吸をして気持ちを落ち着けてください。それだけでも、りっぱな瞑想です。

一日一回でいいですから、一人で椅子に腰かけて、背筋を無理なく伸ばして、無理のない深い呼吸をして、目を閉じて、心を落ち着かせてください。そうすれば、赤ちゃんも落ち着いてくるでしょう。時間は好きなだけでいいです。5分くらいで嫌になったら止めてもいいですよ。とにかく、無理のないように、続けてください。そうすれば、身体も緩んでくるし、呼吸も深くなって出産の時に深い呼吸ができるようになります。さらに、心が落ち着いてお腹の赤ちゃんにとても良い影響を与えます。


更新

<< 前の記事 次の記事 >>

愛知気功整体のご案内

住      所:
〒446-0007 愛知県安城市東栄町1丁目4-22 森川ビル2階
アクセス:
名古屋鉄道本線 新安城駅 北出口 徒歩45秒
お問い合わせ・ご予約
0566-98-1626
受付時間:
9:00~19:00
休業日:
不定休、年末年始

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ