安城市で症状を根本から緩和できる気功整体院

愛知気功整体


足の変形の原因とその対策法

足1.jpg足の重要性について

当院を訪れる人の中には、足が変形している人がいます。程度の差はありますが、不調の度合いの酷い人は足が変形している場合が多いです。

足というのは体のすべての体重がかかりますから、初めはほんのちょっとした足の歪みが、次第に酷くなっていったと思われます。捻挫などをした場合も、足は変形します。そして、そのままにしておきますと、少しずつ変形の度合いが大きくなっていきます。

足はちょっとした変形でも全体重がかかりますから、次第に変形の度合いが増して、違和感や痛みを伴ってきます。

違和感や痛みが出ると、変形している方の足をかばって反対側の足に体重をかけるようになります。そうすると、今度は反対側の足が変形し始めます。そして、どちらの足にしても、痛みが出た時にゆっくり休めてやれば回復するのですが、鎮痛剤(痛み止め)などを用いて無理をするとますます変形していきます。

足の変形の例

足でよくある変形は踵が内側に入ってしまうものです。踵が内側に入って、外踝か下がってしまう。その場合、外踝の下に痛みを感じたり、脛骨の前面や外側が凝ってきて痛くなったりします。

変形がきつくなってくると歩くのに支障をきたしたりします。そして、鎮痛剤を常用するようになるとますます変形して、病院に行くと手術を勧められることになります。

足が痛い時はまず、足を休めて、軽く足首を痛くない範囲で回してやると良いです。また、踵を外へ出すようなストレッチを行うのも良いでしょう。

変形するというのは、元来、疲労が溜まって、筋肉や靭帯が凝って硬くなったものですから、まずは疲労を取ってやるのが大切です。

当院では、気を用いて足の疲労を深部から取り除きますが、足の痛い人や重い人が、スッキリ軽くなったとおっしゃいます。

更新

<< 前の記事 次の記事 >>

愛知気功整体のご案内

住      所:
〒446-0007 愛知県安城市東栄町1丁目4-22 森川ビル2階
アクセス:
名古屋鉄道本線 新安城駅 北出口 徒歩45秒
お問い合わせ・ご予約
0566-98-1626
受付時間:
9:00~19:00
休業日:
不定休、年末年始

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ