安城市で症状を根本から緩和できる気功整体院

愛知気功整体


体の歪みについての考察

体の歪み1.png体が歪むということ

よく「体が歪んでいますね」と整体院などに行くと言われると思います。これは、どういうことでしょうか?

「体が歪む」のは自然なことです。むしろ、「歪む」から健康を保っているのです。こう申し上げると、それでは、「愛知気功整体では、歪みを身体の奥から取り除く」と言っているのは何なんだ、と言われそうですね。

「体の歪み」について考えてみましょう。
私たちの体には、毎日様々な負荷がかかっています。負荷がかかると、体は「歪み」ます。一時的な負荷ならば、体は歪んですぐに戻ります。負荷が続くと、体が歪んだ状態が長くなるので、元に戻りにくくなります。それでも、夜に睡眠を取れば、大体の歪みは元に戻ります。

健康に影響を与えるのは、寝ても取れない「歪み」です。日中に体が「歪」んで、夜に回復すれば、その人はいつも健康な状態でいることが出来ます。

何が悪い歪みか

でも、日中の「歪み」を夜の睡眠で回復できないと、その「歪み」が蓄積されていきます。その蓄積された「歪み」が、筋肉を引っ張り「凝り」になり、さらに筋肉の「凝り」が酷くなると、「痛み」が出てくるのです。

子ども体を見てください。脚の長さは同じでしょうか。ほとんどの子どもの脚の長さは違います。でも、一晩寝ると、脚の長さが揃ってきます。そして、日中の活動でまた長さが違ってきます。

整体院の中には、脚の長さを丁寧に測って、それを揃えようとする先生がみえますが、脚の長さは健康とはあまり関係ないと考えています。
骨盤の「歪み」も、不調の症状とは関係ないと考えています。
よくカイロプラクティックなどで、骨格をボキボキしてまっすぐにしようとしていますが、骨格に柔軟性がなければ、すぐに元の曲がった状態に戻っていきます。

歪みが不調の原因か

それでは、不調の原因は何なのかと申しますと、「硬い、弾力の無い」骨格だと考えています。

たとえば「骨盤矯正」を考えてみましょう。骨盤のASISやPSISを揃えたりしますが、それより、骨盤を柔軟な弾力のある状態にすることが大切だと思っています。骨盤が柔らかく、弾力を持っていれば、ASISやPSISの高さが違っていても、支障はきたしません。

逆に、ASISやPSISの高さが揃っていても、硬い、弾力の無い骨盤ですと、腰痛を起こしたり、内臓下垂を起こしたり、不調の原因となります。そして、腰痛を起こしたりします。

腰痛の施術として、ASISやPSISを揃えている治療家がいますが、一度揃えても、骨盤に弾力がなければ、すぐに戻ってしまいますし、腰痛の緩和にもなりません。

本当の施術とは

体の「歪み」を正す施術を行うより、体を柔軟にして、筋肉や骨格が弾力性を持つように施術するのが、不調を軽減するためには有効であると考えています。

当院の言う「歪みを身体の奥から取り除く」というのは「身体の骨格や筋肉を柔軟な弾力のある状態にして、そして骨格を正常な位置に戻します」ということです。

赤ちゃんや子どもは、歪んでもすぐに元に戻ります。それは、柔らかくて、弾力があるからです。柳の木は、強風に耐えられますが、まっすぐに伸びた硬い大木の方が、ポキッと折れてしまうことがあります。それと同じで、人間の体も、しなやかな方が長持ちすると思います。

愛知気功整体のご案内

住      所:
〒446-0007 愛知県安城市東栄町1丁目4-22 森川ビル2階
アクセス:
名古屋鉄道本線 新安城駅 北出口 徒歩45秒
お問い合わせ・ご予約
0566-98-1626
受付時間:
9:00~19:00
休業日:
不定休、年末年始

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ