安城市で症状を根本から緩和できる気功整体院

愛知気功整体


更年期障害の原因とその施術について

更年期障害1.jpg更年期障害とは

更年期障害とは、ホルモンバランスの乱れによって身体的、精神的に不調になるもので、女性だけではなく男性にもみられます。ただ、割合として女性の方が多いので更年期障害というと女性に対して言われることが多いです。

女性の場合、閉経をはさんだ前後10年くらい(45歳~55歳くらい)は、性成熟期から老齢期への移行期で、卵巣の機能が衰えるために、女性ホルモン(エストロゲン)の分泌が急速に減少します。女性ホルモン(エストロゲン)の欠乏により、脳の自律神経の調整機能が減退して、さまざまな症状を呈するようになります。これは、内臓(特に卵巣などの生殖器)の老化に身体が慣れていないために起こると考えられています。

具体的な症状として、ほてり、のぼせ、発汗、動悸、頭痛、めまい、手足の冷え、肩こり、イライラ、無気力などがあります。

更年期障害は問題としては、自律神経失調症と精神症状(憂うつ、情緒不安定)いうことになります。

病院での治療は、主にホルモン療法が行われて、漢方薬やプラセンタ療法も行われることがあります。プラセンタ療法のプラセンタとは胎盤のことで、胎盤は胎児の各種臓器を代行する万能の臓器で、そのパワーを治療に利用するために、胎盤から薬を作ったものです。副作用はほとんどありません。プラセンタ療法は効用としては、若返り作用効果ということで多くの症状に対して有効であるとされています。

更年期障害に対する施術

当院の更年期障害に対する施術は、基本的に自律神経失調症と精神症状のための施術になります。まず、頭蓋骨の調整を行います。頭蓋骨の歪みを整え、気功を用いて脳内の疲労を取り除きます。

次に、首の疲労を取り、内臓の施術を行います。内臓では、主に腎臓・卵巣の疲労を取ります。腎臓が疲れていると副交感神経の働きが悪くなりますし、卵巣は老化することによってホルモン(エストロゲン)を排出できなくなりますから、疲労を取り除くことによって卵巣の急激な老化を防ぎ、身体が卵巣の老化になれるようにするためです。

ここで、更年期障害の施術と頭痛・肩こり・腰痛の施術が当然重複することはあります。頭蓋骨・首・内臓の施術に加えて、肩こりがひどい場合には肩甲骨、腰痛などがあれば骨盤の施術も行います。最後に、内臓全体に気を流して、内臓全体のバランスをとり終了します。

更年期障害による、ほてり、のぼせ、発汗などは1、2回の施術ですぐに良くなることはあまり期待できませんが、徐々に身体が老化を受け入れて症状が無くなっていきます。

愛知気功整体のご案内

住      所:
〒446-0007 愛知県安城市東栄町1丁目4-22 森川ビル2階
アクセス:
名古屋鉄道本線 新安城駅 北出口 徒歩45秒
お問い合わせ・ご予約
0566-98-1626
受付時間:
9:00~19:00
休業日:
不定休、年末年始

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ