安城市で症状を根本から緩和できる気功整体院

愛知気功整体


腱鞘炎に対しての施術について

腱鞘炎1.png腱鞘炎とは

手・足の指(四肢)の先端に力を伝える時、筋肉は先端にいくと腱というものになります。腱はその浮き上がりを押さえる腱鞘というもの中に入っていて、バラバラにならないようになっています。この腱と腱鞘の間に起きた炎症を腱鞘炎と言います。

もっとも一般的なものが、ばね指(弾発指)とデケルバン氏病です。
ばね指(弾発指)とデケルバンは両方とも「狭窄性」と同じですが、発症する部位によって名前と症状が異なっています。

ばね指(弾発指)とデケルバン氏病のリウマチ以外の一般的な原因は、「使い過ぎ」による腱と腱鞘の間の機械的な摩擦による炎症です。手・指を使う人(作家、ピアニスト、漫画家など)に多く発症しますが、最近では、ゲームのやり過ぎやパソコン作業でのマウスの使い過ぎで腱鞘炎になる人がいます。女性に多いのは、女性の方が筋力が弱いですから男性と同じ仕事をした場合、女性の方が筋肉・腱のオーバーワークになってしまします。

また、指の腱鞘炎とよく似た症状に、「変形性指関節症」があります。これは、軟骨がすり減ることによって起こる症状で、痛みの他に腫れを伴い、放置していると指が変形してしまいます。

それ以外に、指に痛みとしびれを伴う時は「手根管症候群」の疑いもありますので、病院で検査をしてください。「手根管症候群」は正中神経が手首にある手根管というトンネル内で圧迫された状態です。 

腱鞘炎への施術

腱鞘炎に対する、当院の施術は、とにかく手・腕の筋肉・腱の疲労を取ることです。整体の技術と気功を組み合わせて、筋肉・腱の疲労や凝りを取っていきます。

気を当てると、深部の筋肉・腱の疲労が取れますので、腱鞘炎もかなり良くなっていきます。炎症は気の流れを整えてやることによってかなり引いていきますので、痛みは軽減されます。

愛知気功整体のご案内

住      所:
〒446-0007 愛知県安城市東栄町1丁目4-22 森川ビル2階
アクセス:
名古屋鉄道本線 新安城駅 北出口 徒歩45秒
お問い合わせ・ご予約
0566-98-1626
受付時間:
9:00~19:00
休業日:
不定休、年末年始

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ