安城市で症状を根本から緩和できる気功整体院

愛知気功整体


足関節痛の原因とそれに対しての施術法

足関節痛1.jpg足首には体の全体重がかかってきますから、足首が痛かったり、歩いたり走ったりすると痛い場合は日常生活にかなりの支障をきたします。また、脚や足首がしびれると訴える方もみえます。

足首の痛みの原因について

1 外反母趾:

これは足の母趾(親指)が外側に反る状態になります。足の親指が外に反ると指先は内側に向けて変形します。ちなみに内反小趾も同じく、小趾(小指)が内側に反るという状態で、小指の先は内側に向けて変形します。
外反母趾は特に女性に多く見られ、ハイヒールを履いたり、長時間立った姿勢を続けているとなりやすいと言われています。

2 アキレス腱炎・周囲炎:

アキレス腱はふくらはぎの筋肉を踵の骨につなぐ役割を持っています。このアキレス腱に炎症が起こっている状態がアキレス腱炎です。また、アキレス腱全体が腫れている場合は、アキレス腱を覆っているパラテノンという薄い膜に炎症が起こるアキレス腱周囲炎の場合もあります。どちらも、アキレス腱の酷使によるもので、加齢とともに腱が弱くなると炎症が起こりやすくなります。

3 足底筋膜炎:

足の底の筋肉の膜が炎症を起こしている状態です。痛みの場所は踵の骨の前方付近です。過度のランニングやジャンプ運動などの激しい運動を繰り返すことが原因となります。
長時間の立ち仕事も発症することがあります。

4 後脛骨筋腱機能不全症(PTTD):

これは後脛骨筋腱というふくらはぎの後ろからかかとの土踏まず辺りまで伸びている筋肉と腱で、それに部分的に断裂が起こって機能障害をきたしている状態です。足裏の縦アーチを減らして、かかとの骨を内側に傾かせて、次第に偏平足になってしまいます。
進行すると重度の外反偏平足になり、足底筋膜炎や外反母趾を併発させることもあります。靴が合っていなかったり、O脚が引き金になると考えられて、中高年の女性に多く見られます。

5 足根管症候群:

これはかかとの裏を通る後脛骨神経が圧迫や損傷を受けることで足首や足の指先、かかとや足の裏にしびれや痛みを起こす症状を呈します。手根管症候群と症状はよく似ています。
原因としては、足関節にできるガングリオンや下肢静脈瘤などで、女性に多く見られます。
 

施術について

足関節の痛みに対しての施術は、股関節から膝、足首に至るまで骨の歪みを整えて、付着する筋肉や靭帯の緊張を緩めていきます。そして、気の流れを良くするように整えるとかなりの割合で足関節痛の緩和が見られます。
 

愛知気功整体のご案内

住      所:
〒446-0007 愛知県安城市東栄町1丁目4-22 森川ビル2階
アクセス:
名古屋鉄道本線 新安城駅 北出口 徒歩45秒
お問い合わせ・ご予約
0566-98-1626
受付時間:
9:00~19:00
休業日:
不定休、年末年始

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ