安城市で症状を根本から緩和できる気功整体院

愛知気功整体


「肘痛」の原因と整体での施術について

肘痛1.jpg肘痛について


野球やテニス、ゴルフなどのスポーツをやる人や最近は長時間のデスクワークで特に、コンピュータのマウスを使う人に肘の痛みを訴える方がみえます。

酷い人になるとバットやラケットが肘痛のために握れなかったり、マウスの操作ができないとおっしゃいます。

肘の内部にズキズキをした鈍い痛みを感じたり、動かした時にピリっと電気が走ったように痛んだりします。

肘痛の原因

 原因は肘の使い過ぎというより、手や指の使い過ぎにあります。手首や指を動かす筋肉は肘まで伸びていますので、手や指の使い過ぎから、それに関連する筋肉が疲労して肘の痛みとして現れるのです。

つまり、物を持ったり摘まんだり指を使ったりして肘の繋がる筋肉や靭帯に負担がかかり痛めてしまい神経を刺激して肘の痛みとして感じるのです。

それ以外に、痛風やリウマチでも炎症が起こり肘痛を引き起こします。肘が痛む主な病気は以下の通りです。
・腱鞘炎
・変形性肘関節症
・肘内障
・上腕骨外側上顆炎
・上腕骨内側上顆炎
・関節リウマチ
・痛風
 
このように、肘の痛みと言っても、手や指を使いすぎて起こるものから重症の病気まで多岐に渡ります。まずは原因が何なのかを特定することが必要です。

野球肘、テニス肘、ゴルフ肘について

これらは、上腕骨外側(内側)上顆炎という症状です。最近は野球やテニスやゴルフをやらなくても、デスクワークなどで長時間マウスを操作したりしている方にもみられます。上腕骨外側上顆とは肘の外側のことで、ここには手首や指を動かしている筋肉が付着しています。手の平を内に戻すときにように手首を内反回転させるときに使う筋肉です。この筋肉を酷使していると炎症を起こして痛みが発生します。

同様に肘の内側に起こる痛みは上腕骨内側上顆炎と呼ばれて、ゴルフ肘と言われるものです。この筋肉は手の平を外に向ける時のように手首を外反回転させる動きの時に使います。
これらは安静にしていると痛みませんが、肘や手首を動かすと痛みが生じます。

 これらの症状に対して、当院の施術は、手首、肘、肩にかけての筋肉・靭帯を気を用いながら緩めていきます。肘の骨格に歪みがある場合は、その歪みをしっかり取り除きます。そして、肩から手首にかけての気の流れを調整することによって肘の痛みは治まります。


愛知気功整体のご案内

住      所:
〒446-0007 愛知県安城市東栄町1丁目4-22 森川ビル2階
アクセス:
名古屋鉄道本線 新安城駅 北出口 徒歩45秒
お問い合わせ・ご予約
0566-98-1626
受付時間:
9:00~19:00
休業日:
不定休、年末年始

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ