安城市で症状を根本から緩和できる気功整体院

愛知気功整体


「首痛:頚椎ヘルニア」と腰痛との関連を考慮した施術

頸椎ヘルニア2.jpg頚椎ヘルニアとは


背骨には骨と骨の間に椎間板とよばれる軟骨があり、クッションの役割を果たしています。
ところが、老化や激しい運動や外からの衝撃などで椎間板が外に飛び出し、神経を圧迫することがあります。これにより、激しい痛みやしびれを引き起こします。これがヘルニアです。

頚椎椎間板ヘルニアは、突然首が動かせられない痛みや、鈍い痛みで始まることが多いです。重度になると手や下半身がしびれたり、歩きにくくなる歩行障害まで起こったりします。頚椎椎間板ヘルニアは、首をメインに症状が現れますが、基本的には腰椎椎間板ヘルニアと同じ原因によって起こります。
 

頚椎ヘルニアの原因

① 加齢

20歳を過ぎたころから、椎間板は次第に弾力を失っていきます。弾力の弱い状態で、首に負担のかかるような動作をした時に、椎間板の中の髄核が飛び出してヘルニアになります。
 

② 姿勢の悪さ

 最近はパソコンの長時間使用によって、肩や手の疲労が原因で猫背になったりして、背骨に負担がかかることがあります。そして、その姿勢によって首に負担がかかり(ストレートネックなど)頸椎ヘルニアを発症することがあります。
 

③ カルシウム不足

 カルシウム不足によって骨が弱くなったり、変形して椎間板を圧迫するケースがあります。
 

④ 外的要因

 交通事故なでむち打ちになって頸椎ヘルニアを発症するケースがあります。
 

ヘルニアに対する施術

 ヘルニアに対しての施術は、基本的にその周りの筋肉を深層部に至るまで緩めます。そして、筋肉による背骨への負担を軽減してから、背骨の捻じれを取ったり歪みを取ったりして正しい位置へと誘導してやります。背骨が正しい位置に戻って、筋肉の拘縮が緩めばヘルニアによる痛みは緩和されます。その状態を保つために、猫背・ストレートネックなどの姿勢矯正も行います。これらの施術によってヘルニアの症状はかなり軽減していきます。

また、当院では肩こりと腰痛が頚椎ヘルニアに関連しているのではないかと考えています。

頭(脳)の疲労が首の疲労や凝りに繋がるからです。ストレスは頭(脳)を疲れさせます。その疲労は、首の凝りとなって降りてきます。首のこりは、首を使ったから起こるのはありません(首を動かして首が凝ったという人はほとんどいませんよね)。首のこりは、頭(脳)の疲労の表れなのです

さらに、下からの疲労が首の凝りにもなります。足(脚)の歪みが骨盤の歪みになり、腰痛を引き起こして、背部のこりに繋がって、それが肩こり、首凝りへと上がっていきます。

 

愛知気功整体のご案内

住      所:
〒446-0007 愛知県安城市東栄町1丁目4-22 森川ビル2階
アクセス:
名古屋鉄道本線 新安城駅 北出口 徒歩45秒
お問い合わせ・ご予約
0566-98-1626
受付時間:
9:00~19:00
休業日:
不定休、年末年始

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ