安城市で症状を根本から緩和できる気功整体院

愛知気功整体


不妊治療で使われるホルモン剤についての概要説明

ホルモン剤.png不妊治療で使われるホルモン剤には以下のものがあり、その概要を説明していきます。

1 デュファストン

デュファストンとは、合成抗黄体ホルモン剤のことで、女性ホルモンの一つ「黄体ホルモン(プロゲステロン)を補うために処方されます。人工的に作り出された黄体ホルモン(プロゲステロン)で、体内で黄体ホルモンと同じ働きをしてくれます。
女性の体の中で黄体ホルモンが増えると、子宮内膜が肥厚し、妊娠しやすい状態になります。そのため、黄体機能不全の女性は、デュファストンの投与で妊娠する可能性が高くなります。

2 プレマリン

プレマリンは、女性ホルモンの一つであるエストロゲン(卵胞ホルモン)を補う薬です。
エストロゲンは、女性の卵巣内で卵胞を成長させて排卵を促す作用をします。そして、妊娠しやすいように子宮内膜を肥厚するなど、妊娠の準備をする働きがあります。
エストロゲンが不足すると、妊娠に向けた作用がされないで、不妊につながることになります。そのような場合に、プレマリンを服用することで、不妊の改善になります。
主に、卵巣機能不全で十分な量のエストロゲンを体内で作れない人にプレマリンは処方されます。

3 ルトラール

女性ホルモンのエストロゲン(排卵するために卵胞を成熟させる卵胞ホルモン)とプロゲステロン(排卵後に子宮内膜を肥厚にする黄体ホルモン)が交互に分泌されることで月経周期を作り出していますが、なんらかの理由でホルモンの分泌が滞ると月経が乱れて不妊の原因になることがある。この場合にホルモンバランスを整えてくれるのが、ルトラールです。ルトラールはプロゲステロン(黄体ホルモン)を補充することを目的に作られた薬ですので、体内に入ると黄体ホルモンと同じ働きをしてくれます。

4 エストラーナ

エストラーナテープは、パッチのような貼り薬で、皮膚を通して、女性ホルモンを補うものです。エストラーナテープの主な成分はエストロゲン(卵胞ホルモン)の成分の一つエストラジオールで、エストラジオールは通常は卵巣から分泌される成分です。

以上のホルモン剤は、通常は女性の体内で分泌されるホルモンが不足するために補われるものですから、女性の体内で適量が分泌されれば服用する必要のないものです。ホルモンがきちんと分泌されるように、脳の働きを正常にするように脳疲労を取り除いたり、ストレスを除去したりするように気功整体で施術していきたいと考えています。


愛知気功整体のご案内

住      所:
〒446-0007 愛知県安城市東栄町1丁目4-22 森川ビル2階
アクセス:
名古屋鉄道本線 新安城駅 北出口 徒歩45秒
お問い合わせ・ご予約
0566-98-1626
受付時間:
9:00~19:00
休業日:
不定休、年末年始

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ