安城市で症状を根本から緩和できる気功整体院

愛知気功整体


卵胞刺激ホルモン:FSHの役割と気功整体について

FSH.png卵胞刺激ホルモン(FSH)とは何か?

卵胞刺激ホルモン(FSH)は男性と女性の両方で分泌されていて、それぞれの生殖機能にかかわりがあります。

体内には「性腺刺激ホルモン」という、精巣や卵巣に刺激を与えて生殖器の発達や機能を調整するためのホルモンがあります。この「性腺刺激ホルモン」には2つあって、一つが「卵胞刺激ホルモン(FSH)」でもう一つが、「黄体形成ホルモン(LH)」と呼ばれるものです。卵胞刺激ホルモン(FSH)は、卵胞を育てる働きがあり、黄体形成ホルモン(LH)は成熟した卵胞の排卵を促し、黄体の形成を促す役割があります。

卵胞刺激ホルモン(FSH)が異常値になった場合、不妊症や月経異常、更年期障害の可能性が疑われます。

卵胞刺激ホルモン(FSH)の数値が高い場合、卵巣の反応が弱いということです。卵巣の反応が弱いと、卵胞刺激ホルモン(FSH)をたくさん分泌して卵胞を成熟させようとしますから、ホルモン数値は高くなります。

卵胞刺激ホルモン(FSH)の数値が高い場合には、卵胞刺激ホルモン(FSH)を抑えるのではなく、女性ホルモンを投与して卵巣機能を回復させてやることが必要となります。

卵胞刺激ホルモン(FSH)に対して気功整体で出来ること

気功整体においては、卵胞刺激ホルモン(FSH)の数値が高い場合には、卵巣あたり、つまり下腹部に気を通して、卵巣が元気になるように施術します。卵巣が元気なれば、自然と卵胞刺激ホルモン(FSH)の数値は低くなっていきます。

施術とともに普段の生活習慣も大切で、健康的な生活を送ることが、卵胞刺激ホルモン(FSH)の数値を下げることにもなるということをお伝えします。

愛知気功整体のご案内

住      所:
〒446-0007 愛知県安城市東栄町1丁目4-22 森川ビル2階
アクセス:
名古屋鉄道本線 新安城駅 北出口 徒歩45秒
お問い合わせ・ご予約
0566-98-1626
受付時間:
9:00~19:00
休業日:
不定休、年末年始

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ