安城市で症状を根本から緩和できる気功整体院

愛知気功整体


子宮卵管造影検査の結果によって整体のアプローチは変わってくる

子宮卵管造影検査とは何か?

「子宮卵管造影検査」とは、子宮内部の形の異常と卵管の通りやすさを調べるものです。
子宮卵管.png卵管が閉塞していれば、タイミング法や人工授精を行っても妊娠はできません。

また、子宮の形なども「子宮卵管造影検査」で分かりますので、双角子宮なども判明します。検査の実際ですが、カテーテルという細い管を膣から入れて、子宮の中まで通します。それを通して造影剤を注入してレントゲン写真を撮ります。卵管が閉塞していると、それ以上は造影剤が入りませんから、その先は写真には写りません。

子宮卵管造影検査を行うと妊娠しやすくなると言われています。
それは、卵管が閉塞していなくても、細くなっている場合、この検査によって広がることがあるからです。いわゆる、煙突掃除のような役割を果たすことがあるからです。

ですから、不妊治療において、初期の段階で子宮卵管造影検査を行うことは意義のあることですし、重要なことでもあります。

検査結果が良くない時

さて、この検査において、卵管が閉塞しているのが判明した場合には、気功整体ではどうすることもできません。いくら下腹部の血流を良くしても、精子、卵子の状態を良くしても決して妊娠はしませんので、体外受精の段階に移って行かれた方がいいです。

卵管が閉塞していないと判った時には、気功整体の技術で子宮・精子・卵子の状態を良くして妊娠するように導いていけることが可能です。

愛知気功整体のご案内

住      所:
〒446-0007 愛知県安城市東栄町1丁目4-22 森川ビル2階
アクセス:
名古屋鉄道本線 新安城駅 北出口 徒歩45秒
お問い合わせ・ご予約
0566-98-1626
受付時間:
9:00~19:00
休業日:
不定休、年末年始

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ